知って得する♪プロポリス体験比較

メインイメージ

プロポリスの抗アレルギー作用

プロポリスはアレルギーを抑制する作用もあるとして近年注目が高まっています。
アレルギーとひとくちに言っても、その原因はさまざまあります。
代表的なものに花粉症がありますが、花粉症に限らず、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、喘息など様々なアレルギー症状があり、近年こうしたアレルギーに悩まされる人が増加しています。

私たちの体に異物が侵入してきたときに、それに対抗する抗体が作られ、次に同じ物質が入ってきたときにはその抗体が働いて異物を排除してくれます。
このとき、必要以上に反応してしまうのがアレルギーです。
この症状が鼻に出ればアレルギー性鼻炎、喉に出れば喘息、皮膚に出ればアトピー性皮膚炎と病名が変わりますが、どれも同じ仕組みでアレルギー症状は起きています。

近年患者数が増大している花粉症は、これらの症状が複合激に起きるもので大変厄介なアレルギー症状です。
このような花粉症をはじめとするアレルギー症状に、プロポリスは絶大な効果があるものとして注目されています。
アレルギー反応により、ヒスタミン(免疫系に関係する信号伝達物質)が三叉神経などの鼻や目の知覚神経を刺激すると、かゆみやくしゃみが起こり、つらい鼻水、苦しい鼻づまりを引き起こします。

鼻水や鼻づまりは症状の中でも長期にわたることが多く、なかなか改善されないのが特徴です。
ヒスタミンが血管に働くと、血管の透過性が高まってしまうため、血液中の水分が外部へと滲出してしまいます。
すると、周囲の組織が水ぶくれの状態となってしまい、むくんでしまいます。
鼻の組織には周囲を硬い骨などで囲まれた形になっているため、どうしても内側に向かって膨らむことになり、鼻腔が狭くなり鼻づまりという症状につながります。

プロポリスには抗炎症作用があるため、このような粘膜の炎症を抑制する働きがあります。
また、神経をリラックスさせたり、安定させたりする効果もあると言われており、プロポリスの主成分であるフラボノイドによって過敏になった粘膜の神経が緩和されます。

また、プロポリスに含まれる多くの多糖体による粘質により、鼻や喉などの粘膜に薄い膜を作るため、外部からの刺激を受けにくくなります。
さらにプロポリスの有効成分のひとつであるジデルペンが細胞の働きを正常に戻すため、炎症を起こして損傷していた細胞の修復が促進されます。
最近の医学の発達により、アレルギーに有効な医薬品も多く出来ていますが、これらは副作用も出やすいのがデメリットです。
それに比べて生薬には副作用がほとんど見られないため、これもプロポリスの大きなメリットのひとつです。