知って得する♪プロポリス体験比較

メインイメージ

プロポリスの抗ガン作用

多岐にわたるさまざまな健康効果、効能が認められているプロポリスですが、近年ではガンに対する効果もあるといわれ、大変注目される健康食品になっています。
プロポリスがガンに良いとされる効果は、大きくわけて3つあります。

1つめはプロポリスの抗がん作用、2つめはプロポリスの免疫力増強作用、3つめは抗がん剤の副作用を軽減する作用です。
プロポリスはこれらの3つの効果を発揮する成分そ備えもつため、ガンに良いと言われています。
1991年の「第50回日本癌学会総会」で、このプロポリスの抗ガン作用に関する研究発表が行われました。
その研究では、プロポリスの成分からガンに効果のあるとされる抗ガン化合物を抽出することに成功し、その化学構造も明らかになったという結果が得られました。

その研究結果によると、ガン細胞を破壊するナチュラルキラー細胞が、プロポリスの抗ガン作用に影響しており、プロポリスを摂取することによってこのナチュラルキラー細胞が増強され、ガンの抑制が期待できるというものです。
また、プロポリスにはナチュラルキラー細胞だけでなく、他にも異常な細胞を破壊するキラーT細胞も増強する働きをすることが明らかになっています。
このような素晴らしい抗ガン作用に加え、その他の臓器、免疫力の増強などが加わり、プロポリスはガンに対する効果を発揮すると考えられます。
また、さらに研究が進められる中で、プロポリスはガン細胞を破壊するだけではなく、ガン細胞の転移を防ぐ効果もあるということが明らかになってきました。
プロポリスにはガンを直接治療することはできませんが、ガン細胞を作り出さないように働きかけることができる健康食品です。

また、抗ガン剤でガン治療中にプロポリスを併用することで、ガンを抑制する力を大いに発揮します。
抗ガン剤治療と同時にプロポリスを飲用し、ガンの再発を抑えられたり、ガンの進行を遅らせたりすることができると言われています。

また、抗ガン剤による副作用を軽減する働きもあるため、ガン治療の補助的な役割を果たす健康食品として大変注目されています。