知って得する♪プロポリス体験比較

メインイメージ

プロポリスの成分

天然の抗菌物質と言われ、古代からその素晴らしい効能が注目されているプロポリスですが、どのような成分で構成されているのでしょうか。
プロポリスはミツバチが樹木の新芽や蕾、樹皮を巡り、そこから集めた樹脂をミツバチの体内から分泌される唾液や蜜蝋、花粉などと混ぜ合わせて作ったものです。

よって、その組成割合を見てみると、樹脂が50%、蜜蝋が30%、精油・揮発油が10%、花粉が5%、有機物やミネラル類が5%となっています。
このデータを見た限りでは、ほとんどが樹脂と蜜蝋で有効成分はとても少ないように思えますが、見方を変えるとたった5%含まれる有機物やミネラル類がとてつもなく素晴らしい効能を持ったものだと言えます。

プロポリスに含まれる成分は何千、何万とも言われ、「天然薬理物質の宝庫」とまで言われるほど素晴らしい有効成分が詰まっています。
その含有成分についてはまだ研究が進められているところですが、現在の時点では約300種類ほどが確認されています。
主な成分としては、数十種類もの濃縮されたフラボノイド類、ミネラル類、アミノ酸類、ビタミン類、酵素類、有機酸類などがありますが、中でも重要な有効成分として注目されているのがフラボノイドです。

フラボノイドとはフラボンを基本構造にもつ黄色色素の総称です。
フラボノイドは各種植物の花、葉、根、茎、果実などにあり、そこにはイソフラボン類、カテキン類、ケルセチン、酵素、アミノ酸、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど約300種類の有効成分が含まれています。

フラボノイドは、他ではオレンジやレモンなどの柑橘類などにも含まれていますが、プロポリスに含まれるフラボノイドの量はこれらの柑橘類と比較しても非常に多い上、種類も豊富であることが特長です。
フラボノイドの働きとしては、自己免疫力の強化、血液の浄化作用、コラーゲンの合成強化、細胞の活性化、強い抗菌作用、止血・造血作用、麻酔・沈静作用、消炎作用。

潰瘍抑制作用、抗アレルギー作用、抗ストレス作用などがあり、多岐に渡って健康効果を発揮する成分として注目されています。