知って得する♪プロポリス体験比較

メインイメージ

プロポリスの抗菌作用

昔から強い抗菌作用があることが知られ、民間療法でも利用されてきたプロポリスですが、研究が進むにつれ、その素晴らしい抗菌作用が明らかになっています。
現在までにプロポリスの抗菌作用が認められているのは、白癬菌、トリコモナス菌、ブドウ球菌、大腸菌などの菌が増殖するのを抑制する働きがあることがわかっています。

そしてプロポリスの抗菌作用の素晴らしい所は、マイルドでありながら強い殺菌力も持ち合わせているところです。
黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌などに対しては抗生物質のペニシリンやテトラサイクリンなどよりも強い殺菌効果を発揮すると言われています。
抗生物質の場合は無差別に殺菌してしまうため、体内に存在するビフィズス菌、乳酸菌、腸球菌といった有用菌まで攻撃してしまいますが、プロポリスはこうした体に必要な有用菌を攻撃することはありません。

そして、摂取し続けても抗生物質のように菌が抵抗力をつけることはないいので、効きにくくなることがないのが特長です。
体に優しい天然の抗菌物質と言えるでしょう。
さらに、プロポリスの特長としてあげられるのは、広範囲にわたりほぼ同レベルで抗菌作用を発揮するというところです。
一般的に抗生物質と呼ばれる物は特定の種類の菌には顕著な効果を発揮しますが、それ以外の菌にはあまり効果がないと言われています。
これに対し、プロポリスの抗菌作用はそれほど強力ではないものの、どのような菌にも広範囲に効果を発揮し、抗菌作用の及ぶ微生物の種類が多く、皮膚球菌にまで及んでいます。

これはどのようなことを意味するかというと、抗生物質は菌に合ったものを使わないと効果が得られないことに対し、プロポリスは病原菌が特定できていない状態でも効果を発揮することが期待できるということです。

抗生物質などがなかった時代のキズ薬として、古代人がプロポリスを使用していたのは、とても理にかなったものだったと言えます。