知って得する♪プロポリス体験比較

メインイメージ

プロポリスの抗炎症作用

私たちの体に起こる炎症の原因はさまざまです。
細菌・マイコプラズマ・ウイルスなどの微生物によるもの、体内の免疫システムの異常が原因となって起こるアレルギーなどによるもの、熱や放射線のような外部からの物理的刺激によるものなどです。

これらの炎症は赤み、痛み、腫れ、熱、機能障害などをともないます。
炎症そのものの原因が多種多様なため、抗炎症作用とひとくちにいってもその作用はさまざまです。
ではプロポリスの抗炎症作用としてはどのようなものが期待できるのでしょうか。
プロポリスの持つ抗炎症作用としては、細胞賦活作用、新陳代謝促進作用、抗菌作用、リンパ組成の活性化作用、血管透過性の改善作用、鎮痛作用などがあり、大変多岐にわたる作用が期待できます。

最近は日本でも内科、外科、歯科、皮膚科の専門医もプロポリスの消炎作用に注目し、臨床に応用している例も増えています。
プロポリスの素晴らしいところは、作用が単独ではなく、複合的に働きかけるところです。
プロポリスの有効成分については、プロポリスの研究者の間では「消炎作用だけでなく、抗菌、麻酔、鎮痛作用が総合して作用しているものであろう」と考えられています。

これはプロポリスに含まれる多種多様な成分が複雑に絡み合うことで、さまざまな効果を生み出し、広く作用していることによります。
抗炎症作用を発揮する成分として、プロポリスの主成分であるフラボノイドやカフェ酸が考えられます。
特にフラボノイドは炎症の発生や拡大に関わっている生理活性物質のプロスタグランジンの生成を妨げる働きがあります。
抗炎症剤は、この生理活性物質のプロスタグランジンの生成を抑制するものです。
プロポリスの抗炎症作用は非常に強力なもので、虫刺され等による炎症や口内炎など、比較的軽度な症状に即効性を発揮するばかりでなく、難病と言われる肝炎やアトピー性皮膚炎などにも優れた効果が期待できます。

さらに、経度の火傷に対しても著しい効果があり、火傷を負ってすぐにプロポリスを塗ると、水で冷やす以上の効果があり、痛みの解消はもちろん、火傷痕も残らないと言われています。

このように、軽度の炎症から難病まで、幅広く抗炎症作用を発揮するのがプロポリスの素晴らしいところです。