知って得する♪プロポリス体験比較

メインイメージ

プロポリスを活用しよう!

プロポリスは、ミツバチによって作られる天然由来の健康物質です。
400種類以上にものぼる成分がバランスよく含有されていて、健康維持や美容など幅広い目的に活用することができます。

主な原材料となっているのは、樹液や花粉など。
それを蜜蜂の体内で分泌液と混ぜ合わせることによって、プロポリスは出来上がります。

本来は、巣の入り口や隙間などに塗りつけて使われます。
こうすることで、巣を補強していくのが蜜蜂の目的です。

また、樹液を原材料にすることによって、強力な殺菌作用を備えているのが特徴。
そのパワーが私たち人間の体の防御力を高めてくれます。

抗酸化作用なども秘められており、そのポテンシャルは計り知れません。
ヨーロッパ(ドイツ)などの医療先進国では、医薬品として認められているのも特徴です。
(日本では健康食品として扱われています。)

こんな成分が含まれている!

プロポリスには、微小なものも含めれば、約400種類以上もの栄養素が含まれていると言われています。
それらの栄養素が健康維持や美容への実感のカギとなってくれているのです。

特に注目したい成分として挙げられるのが、桂皮酸誘導体という成分です。
これは特定の成分の総称ですが、最近の研究で非常に優れた働きが期待されています。

また、優れた抗酸化作用を持つフラボノイド類が豊富なのも特徴の一つです。
様々な種類のフラボノイドがバランスよく配合されています。

他にも、多彩な栄養素が含まれています。
例えば、身体をつくる基本となる栄養素「アミノ酸」がバランスよく豊富に含まれているのは大きなメリット。

さらに、ミネラル類も豊富です。
含有されているミネラル類としては、亜鉛や鉄分などが豊富です。
また、マンガンやカルシウムも含有されています。

ビタミン類では、ビタミンB1やビタミンB2、葉酸、ナイアシンなどが豊富。
さらに、ビタミンEも配合されています。

特殊な栄養素としては、桂皮酸誘導体、フラボノイド以外にも4-カフェオイルキナ酸、テルペノイド類、クロロゲン酸などが挙げられます。

産地によって含有成分が異なる!

しかし、ちょっと覚えておきたいポイントがあります。
それが、プロポリスは産地によって含有されている栄養素が微妙に異なるということ。

これは、プロポリスが天然由来の物質であるということが関係しています。

原材料は蜜蜂の行動範囲にある植物から採集されます。
その為、周囲に、よりプロポリスづくりに適した植物が自生している方が、高品位なプロポリスになるのです。

プロポリスは世界中でつくられていますが、その中でも優秀と言われているのが、ブラジル産。
特にミナスジェライス州というエリアで採取されるものは、世界でもトップクラスと言われています。
より高い実感を求めるのであれば、サプリメントを探すときはブラジルのミナスジェライス州産を選びましょう。

選び方が実感のカギ!

産地の他にも、覚えておきたい選び方のコツがいくつかあります。
含有量や品質管理など、様々なチェックポイントを確認してから購入する製品を決めるのが大切です。
投げやりに選んでしまうと、なかなか実感度が高くなりません。

ずばり、健康維持や美容にしっかりと活用するには、選び方が重要になります。
そんなプロポリスの製品選びをこのサイトではお手伝いします!

ランキングで選ぶ

・どんな風に選んでいけば良いかわからない
・初めてプロポリスの購入を検討している
・品質の高いサプリメントを探している

そんな方にオススメしたいのが、ランキングで選ぶ方法。
品質の高いサプリを一覧にして紹介しているので、実力の高い製品を見つけやすいのがメリットです。

私のオススメはコレ!

私のおすすめは山田養蜂場プロポリス300というサプリメントです。
ランキングでも一位を獲得している製品で、品質の高さは特筆すべきものがあります。
含有量も業界トップクラス!
もちろん原材料はブラジルのミナスジェライス州産で、色や香りから品質の優れたものだけを使っているので、匂いや味も気にならないほど爽やかです。

品質管理力も高く、安心して摂取できるのもメリット。
無添加にこだわっていて、カプセルの素材まで天然由来素材で作られています。

初回は1080円で6日分を試せるので、取り敢えず試してみるのもおすすめです。

この製品の公式サイトへ

レビューで選ぶ

レビューを参考にしていくと、サプリメントのメリットとデメリットがしっかり見えてきます。
味・匂いなどの飲みやすさや、メーカーの対応など細かい部分をチェックできるのがレビューで選ぶ際の長所でしょう。
ランキングで候補のサプリを見つけてから、次はレビューで詳細を確認してみる…というのも良いかも知れません。